ソーラーシェアリング架台の高さ

こんにちは

神田明神の鳥居横の太陽光発電のONE TO ONE です。

ソーラーシェアリングを検討されている方から、「架台の高さはどれくらい必要ですか?」とお問い合わせがありました。農地で営農型太陽光発電を行う場合に架台分部は建築物には該当しないので、高さの制限等はありませんが、農作業に必要な機械を効率よく利用するための耕作空間を確保できるように支柱の高さや間隔を決めなければいけません。

特に、太陽光発電に使う支柱は一時転用許可のもと使用し、3年ごとに継続審査を受けなければいけないので、支柱は簡単に撤去ができるものに限られてます。トラクターなど耕運機が通れる高さは確保など、農業に悪影響を及ぼさないことを前提にしながら発電所を設計する段階でよくご検討されてください。

事務所にソーラーシェアリング用の架台を展示しております。

架台

展示している架台の材質はアルミで、高さは2.05~2.35m、支柱部分は10cm×10cmです。

架台の下がミーティングルームになってます。これが不思議と居心地がいいんです。

実物をご覧になりたい方は、ご連絡を頂ければと思います。

それでは、See you!

>>雪に強い架台の太陽光発電@と驚くソーラーカーポート<<

Translate »