竹原慎二さんのボコボコ相談室!

こんにちは、

太陽光発電のONE TO ONE です。
皆様、竹原慎二さんのボコボコ相談室というサイトはご存知でしょうか?竹原慎二さんは、元プロボクサーで自らジムの運営やTVでもおなじみの方です。その竹原慎二さんが、「ちょっと魅かれるつまみ食いマガジンcode-G」サイトにて、相談室に送られてきた相談に返事しています。その回答が、正論すぎて凄いので太陽光発電とは関係ないですが、UPしてみました。

相談者:サービス業ノリ平さん(38歳)

竹原慎二3

偉そうな客が許せない。

カラオケ業界で働いています。本部勤務でしたが、現場の人員が足りないという理由で、週数日間、カラオケボックスの店舗で副店長として勤務していますが、私は店舗勤務に向いていないようです。店ではお酒も出すので仕方がないのかもしれませんが、酔った客から、料理が遅いだの、呼んでも来ないだの、偉そうに言われると頭に来て、顔に出てしまいます。先日、それを指摘され、お客ともめました。

その場は店長が上手く凌いでくれましたが、店に迷惑をかけてしまったことを詫びると、店長から「いつも微笑んでいれば、それが普通になるよ」と言われました。店長は人格者でどんな客にも笑顔で対応していますが、私にはムリです。理不尽な客はいっそ入店を拒否してしまえばいいと思います。店員とお客の間にも、最低限守るべき作法はあるのではないでしょうか。このまま店舗での勤務が続くとストレスで倒れてしまいそうです。本部に戻るにはどうしたらよいでしょう。

竹原:お前、何でサービス業に入ったんじゃ

竹原慎二5お客も歌ってストレス発散したいとか、会社の宴会後の2次会で盛り上げたいとかカラオケに来る理由はいろいろあるじゃろう。要は気持ちよくなりたいんじゃ。そんなところにお前のような自己チューな店員からエラそうな態度されたら、俺も腹立つわ、ボケ。

お客はお金を出してサービスを受ける人、お前は相手を満足させるのが仕事じゃろう。だいたいな、お前が頭にきたことなんか、現場の店長たちからすれば毎日のあたりまえのことなんじゃ。現場の大変さを傍目に本部でも悪態ついてたんじゃないのか。恐らくお前が現場に行かされた本当の理由は人手不足なんかじゃない。お客に感謝の気持ちがない、まともな接客一つできないお前が本部でのうのうとしているようなら、早晩街から店の看板が消えていくはずじゃからの。会社もよう分かっとるんじゃ。人格者の店長から入店拒否される前にいい加減気づけや。スマイル出来て0円、そこからじゃ。

相談者:広告関係 T・Tさん(50歳)

竹原慎二1

だらしのない息子の性根を叩き直したい。

息子は昨年大学生を卒業しましたが、就職活動に苦戦しているのを見かね私が知り合いに頭を下げて紹介してもらい大手企業に内定が決まりました。しかし、息子は私に何の断りも無く勝手に辞退しました。その後、就職活動もせず、結局今は毎日部屋でゲームとネットばかりしている、いわゆるニートです。少し前、私のクレジットカードを使い勝手にネットショップで買い物をし、海外から数十万円もの請求が届きました。私もさすがに腹に据えかねて厳しく叱ったところ、私のようになりたくないと言われ、思わず激昂してしまいました。それ以来会話も無く、もう面倒を見きれません。仕事もせず中途半端な生活をしているどうしようもない息子に喝を入れるにはどうしたら良いでしょうか?

竹原:典型的なバカ親丸出しでうっとおしいわ

竹原慎二教育に関してエラそうな事を言うつもりはないが、俺も子を持つ親じゃ。子育ての大変さはよくわかる。だが、ダメな息子に親のコネで大手企業を斡旋じゃと?仕事は男の人生じゃ。

その選択まで親が手を差し伸べるのは過保護も行きすぎだとおもわんか。おそらく小さな頃から、あれもこれも危ないからと取り上げ、親の用意した安全で刺激のない環境で育ててきたんじゃないのか。親の安全フィルタを通して与えてもらうことしか知らないなら、行きつく先はニートで当り前だろうが。今の世の中そんな温室栽培の若い連中がうじゃうじゃいるが、それは親の責任じゃ。

過保護なバカ親たちが子供の可能性をすべて摘んでしまったんじゃ。東大生の親の多くは東大出というが、親の育て方や環境で子供の人生が大きな差になる。逆にいえば子は親の鏡なんじゃ。子がおかしいと気付いたら、それはすべて俺たち親がおかしいということなんじゃ。子供に腹を立てる前に、20年に渡る己の子育ての失敗を振り返って悶絶しとけや。出来損ないの我が子は核廃棄物と同じ人生かけて最後まで面倒みるのが親の責任じゃ

相談者:塾講師 SKKさん(29歳)

相談者

体罰も時には必要じゃないでしょうか。私は戦いに勝つため、強くなるために時には強制的な指導も必要だと思っています。昨今、スポーツの体罰問題がニュースになっていますが、愛の鞭もひとまとめに体罰で悪だという風潮がおかしい気もします。一部の極端な暴力的な指導者のせいで、全ての指導者への風当たりが強くなっている気がしますがどう思われますか?

竹原:スポーツ指導で体罰ってなんじゃ?意味わからんわ。

竹原慎二4

勘違いしとるやつが多いが、スポーツは自分の為に好きでやるもんじゃ。柔道や剣道、ボクシングも武術である前にスポーツで、兵隊が戦闘スキルを学ぶのとは違うんじゃ。体罰の指導が上達に有効だと思っとるなら、自分が昔そうやって指導されてきたんか、それ以外の指導方法を知らんということじゃないんか。

ゲンコツやビンタは選手を萎縮させることはあっても上達させることは無いわ。それどころかむしろ選手が萎縮して、伸びるものも伸びなくなる可能性が高い。選手起用のキャスティングボードを握ったベテランのおっさんが、女子供を暴力でねじ伏せる。これは単なる暴行だけでなく、精神的に恐怖を植えつけるパワーハラスメントでもあるんじゃ。

お前が言うところの「愛の鞭」っちゅーもんがあるのもわかる。俺の場合は悪ふざけで校舎の窓から転落したことがある。幸い怪我もなくピンピンしていたんじゃが、駆けつけた教師には思いっきりどつかれたんじゃ。その時は不思議なことに素直に受け入れることができて猛省した。今にして思えば、あれこそが生徒を心から想っての愛の鞭だった。

しかし、そんなのは一生に何度もあるもんじゃないだろう。ええか、スポーツはどんな理由をつけようと、体罰で選手が上達することは無い。指導者は、殴って指導した瞬間に傷害罪があたりまえじゃ。体罰肯定派は要注意思想の持ち主として公安のマークが必要じゃ

3つほど、取り上げてみましたが、回答が熱いですね!日常の中で私たちも質問者のような境遇って多いと思います。正論を素直に受け入れ、真剣に回答している竹原慎二さんに情を感じました。他にも色々な回答がありますので、よければWEBサイト竹原慎二 ボコボコ相談室をアクセスしてみて下さい。

それでは、また!

Translate »