太陽光発電とバイオマス発電が大幅に伸びる!太陽光は増加傾向へ

再生可能エネルギーは毎月50万kWの増

こんにちは。

太陽光発電のONE TO ONEです。

固定価格買取制度による再生可能エネルギーの導入・買取・認定量は引き続き拡大を続けているようです。2016年8月に運転開始した発電設備の規模は57万kW(キロワット)で、新たに認定を受けた発電設備も31万kWに達していて、ここ数カ月間は毎月50万kW前後のペースで導入量が増えているそうです。

2016年8月の買取量は55億7043万kWh(キロワット時)で、過去最高だった5月をわずかに上回り、一般家庭の使用量(月間300kWh)に換算すると1857万世帯分に相当するようです。電力会社などが8月に全国で販売した電力量は764億kWhだったことから、そのうちの7.3%を固定価格買取制度による再生可能エネルギーの電力が占めています。全体の数字に比較するとまだまだですが、素晴らしいことです。

太陽光は出力10kW未満の住宅用と10kW以上の非住宅用を合わせて買取量の81%に達し、次いでバイオマス発電が11%を占めていて、買取量を再生可能エネルギーの種類別に見ると、太陽光発電とバイオマス発電が大幅に伸びる一方で、天候の影響で風力・中小水力・地熱発電の買取量は前月と比べて減少のようです。風力発電は5%、中小水力発電は3%で、地熱発電は0.1%にとどまっているようです。

認定を受けた31万kWの発電設備のうち、太陽光は住宅用が7万kW、非住宅用が9万kW

今年の5月までは非住宅用の太陽光発電の認定を取り消す件数が数多く発生して、認定量がマイナスになる月が続いていましたが、太陽光は住宅用が7万kW、非住宅用が9万kWで、再び増加する傾向のようです。バイオマス発電では海外から輸入する木質燃料(固定価格買取制度では「一般木質」に分類)を利用する設備の規模が圧倒的に大きい。このほかメタン発酵によるバイオガス発電の認定が全国各地で相次いだ。北海道の苫小牧市と士幌町、三重県の伊賀市では2カ所で、さらに鹿児島県の南九州市と沖縄県の石垣市でもメタン発酵を利用したバイオガス発電設備が認定を受けているようです。これで、蓄電システムの普及が進めばエネルギーをためることが容易に行えるので、再生可能エネルギーの弱点であった、天候による影響はなくなりつつありますので、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーの活用はすすみそうですね。

下記は太陽光発電・蓄電池を攻略するために知っておくべき内容をまとめたページです。

>住宅太陽光発電システムのメリットを把握しよう

>蓄電池の種類や特徴について把握しよう

>最適なメーカーの提案や見積もりを取る注意点

>太陽光発電のフェンスの考え方

>鉄骨製のソーラーカーポートは雪に強いのか?

お急ぎの方は、お電話03-5298-2655まで、お問い合わせください!

Translate »