太陽光発電の耐用年数

こんにちは。

産業用太陽光発電システムの ONE TO ONE です。

太陽光発電機の耐用年数は設置条件により異なりますが、

話題の太陽光発電システムの法定耐用年数は何年くらいだと思いますか?

太陽光パネル自体には燃焼部分やモーターなどの作動箇所はありません。

出力保証は最低でも10年間は保証されていますし、

外資系のサンテックパワーでは、太陽電池の出力保証を25年までみています。

適切な維持管理を行い、かつ落雷や飛来物による損傷などが無ければ、

40年という長い期間の発電を行なっている事例もあります。

service_01_img01

税法上の太陽光パネルの法定耐用年数は17年と言われています。

法定耐用年数とは、減価償却資産が利用に耐えられる年数のことで、

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」により、太陽光発電システムの

償却期間は17年となっています。

弊社にて導入している太陽電池モジュールが平均して20年以上、

パワーコンディショナなどの周辺機器については、10年以上の耐用年数はあると考えてます。

改良されてますます良くなる太陽光発電システムに期待です!

それでは、また。

See you

PR 土地付き太陽光発電で10%以上の利回りも!ソーラー投資物件はこちら

Translate »