「人手不足倒産」に対して個々の企業ができること

帝国データバンクによれば、2018年上半期の「人手不足倒産」の件数が、2013年1月の調査開始以降、半期ベースでは過去最多となっているそうです。
Source: 財経新聞

「指示命令型スポーツ」と「自己判断型スポーツ」の違いという話

「高校野球は他競技の指導者の目にはどう映るのか」という記事がありました。
Source: 財経新聞

「つらい」と言える、「弱音」が吐ける雰囲気づくり

ある新聞記事で、一人の高校生投手が通称「トミー・ジョン手術」という「ひじの靱帯再建手術」を受けたことに関する話題がありました。

Source: 財経新聞

「つらい」と言える、「弱音」が吐ける雰囲気づくり

ある新聞記事で、一人の高校生投手が通称「トミー・ジョン手術」という「ひじの靱帯再建手術」を受けたことに関する話題がありました。
Source: 財経新聞

「会社訪問数」とミスマッチの関係

今は新卒の就職活動が真っ盛りな時期ですが、以前の「就職氷河期」といわれた時期と比べると、街中でリクルートスーツの学生を見かけることが、ずいぶん減った感じがします。

Source: 財経新聞

「会社訪問数」とミスマッチの関係

今は新卒の就職活動が真っ盛りな時期ですが、以前の「就職氷河期」といわれた時期と比べると、街中でリクルートスーツの学生を見かけることが、ずいぶん減った感じがします。
Source: 財経新聞

丸井グループ、再エネ100%を目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟

小売の丸井グループは、事業活動で消費する電力のすべてを再生可能エネルギーで調達する国際イニシアチブ「RE100」に加盟した。

Source: 財経新聞

丸井グループ、再エネ100%を目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟

小売の丸井グループは、事業活動で消費する電力のすべてを再生可能エネルギーで調達する国際イニシアチブ「RE100」に加盟した。
Source: 財経新聞

サトウキビ絞りかすからエタノール製造、実証プラントがタイで完成 NEDOなど

サトウキビの絞りかすをタイの言葉でバガスという。

Source: 財経新聞

サトウキビ絞りかすからエタノール製造、実証プラントがタイで完成 NEDOなど

サトウキビの絞りかすをタイの言葉でバガスという。
Source: 財経新聞

「残業代を払わずに済む」だけでいいのか

「残業時間の上限規制」、正社員と非正規雇用の不合理な待遇差を解消する「同一労働同一賃金」、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を柱とした「働き方改革関連法」が、先日の国会で可決、成立しました。

Source: 財経新聞

「残業代を払わずに済む」だけでいいのか

「残業時間の上限規制」、正社員と非正規雇用の不合理な待遇差を解消する「同一労働同一賃金」、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を柱とした「働き方改革関連法」が、先日の国会で可決、成立しました。
Source: 財経新聞

「職人気質だから教えられない」は本当にそうか

最近、それぞれ違う業界の会社ですが、こんな話がありました。

Source: 財経新聞

「職人気質だから教えられない」は本当にそうか

最近、それぞれ違う業界の会社ですが、こんな話がありました。
Source: 財経新聞

アドバイスへの反応の男女差

これは、男性だから、女性だからといって、もちろんそうではない人がいますが、私が自分の大学時代あたりから、これまでの人生経験を通じてずっと同じように感じてきたことなので、何かしらの傾向があるのではないかと思っている話です。

Source: 財経新聞

アドバイスへの反応の男女差

これは、男性だから、女性だからといって、もちろんそうではない人がいますが、私が自分の大学時代あたりから、これまでの人生経験を通じてずっと同じように感じてきたことなので、何かしらの傾向があるのではないかと思っている話です。
Source: 財経新聞

マクドナルド、環境に優しいトレイマットを国内全店舗に導入

日本マクドナルドは、6月27日から、全国約2,900の店舗で用いるトレイマット(トレイに敷いてある紙のシート)を、すべてFSC認証を受けた環境に優しいものにしていく方針だ。

Source: 財経新聞

マクドナルド、環境に優しいトレイマットを国内全店舗に導入

日本マクドナルドは、6月27日から、全国約2,900の店舗で用いるトレイマット(トレイに敷いてある紙のシート)を、すべてFSC認証を受けた環境に優しいものにしていく方針だ。
Source: 財経新聞

「適切な期待」であれば失望しない

私の知人のある会社の社長が、ちょっとがっかりした様子で話しかけてきました。

Source: 財経新聞

カラテカ矢部さんに共感、「何が人生で役立つか」はわからない

お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎さんが、自身が暮らす新宿の一軒家での、大家さんとの日常を描いた「大家さんと僕」という漫画作品で、「第22回手塚治虫文化賞」の短編賞を受賞しましたが、その時のスピーチの内容がとても素晴らしかったと話題になっています。

Source: 財経新聞

「とりあえず3年」と考えることのリスク

最近は転職が一般的になりましたが、やはり短期間で会社を辞めてしまうのは、世間的にはあまり良いこととは思ってもらえません。

Source: 財経新聞

中国、太陽光発電設備への支援見直し 太陽光パネルの価格下落となるか

中国の発電量は2011年に世界一となったそうだが、それと共に水力や風力、太陽光発電などの導入も進んでおり、現在では中国の風力発電量は全世界の風力発電量の3分の1以上、太陽光発電設備についても全世界の太陽光発電設備の3分の1以上を占める規模になっているそうだ。

Source: 財経新聞

中国、太陽光発電設備への支援見直し 太陽光パネルの価格下落となるか

中国の発電量は2011年に世界一となったそうだが、それと共に水力や風力、太陽光発電などの導入も進んでおり、現在では中国の風力発電量は全世界の風力発電量の3分の1以上、太陽光発電設備についても全世界の太陽光発電設備の3分の1以上を占める規模になっているそうだ。
Source: 財経新聞

JAMSTEC、熊野灘でメタンハイドレートを発見 大量のメタンを含有

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、地球深部探査船「ちきゅう」を用いた探索によって、紀伊半島南東の熊野灘(熊野海盆)の海底において、メタンハイドレートが発見されたと発表した。

Source: 財経新聞

JAMSTEC、熊野灘でメタンハイドレートを発見 大量のメタンを含有

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は、地球深部探査船「ちきゅう」を用いた探索によって、紀伊半島南東の熊野灘(熊野海盆)の海底において、メタンハイドレートが発見されたと発表した。
Source: 財経新聞

「年配言葉なら許されるのか?」という指摘への納得

ある新聞の投書欄で、「年配言葉ならば許されるの?」という中学生からの投稿を目にしました。

Source: 財経新聞

気弱な人でも陥ってしまうパワハラの話

パワハラに関する問題を、特に最近は多くの会社で耳にします。

Source: 財経新聞

米国、セーフガード発動も太陽光発電の導入率がガスや風力を超え堅調

トランプ政権が1月、太陽光パネルへの緊急輸入制限(セーフガード)を発動。

Source: 財経新聞

人事評価は「見えている部分だけ」に偏りやすい

ある会社で人事評価結果の確認をするミーティングをしていた時のことです。

Source: 財経新聞

考えなければならないが結論はない「仕事にふさわしい服装」の話

ある会社で「服装の乱れを注意した」という話を聞きました。

Source: 財経新聞

家電リサイクルの再商品化率、法定基準上回る水準で推移

家電リサイクルの処理は引き続き順調に行われているようだ。

Source: 財経新聞

京王電鉄、岩手県宮古市で太陽光発電事業 2019年秋に開始

京王電鉄は、同社所有のいずれも岩手県宮古市にある2カ所の土地で、2019年秋に向けて太陽光発電事業を開始する。

Source: 財経新聞

本当にそれは「自分たちだけの都合」になっていないか

ある会社の社内ミーティングで、「今やっている○○サービスをやめられないか」という話が出ました。

Source: 財経新聞

日本初、縦型乾式メタン発酵施設が完成 NEDOが実証実験を開始

国内で初となる縦型乾式メタン発酵施設が完成した。

Source: 財経新聞

大変なことを継続するには他人の目が必要という話

私が今までいろいろな企業のマネージャーと出会ってきましたが、ほとんどが現状の課題をどうしようかと真面目に考えている人ばかりでした。

Source: 財経新聞

「相手によって態度が変わる人」はどうやら自分に自信がない

もうずいぶん前のことになりますが、ある会社の担当者の話です。

Source: 財経新聞

セブンとトヨタ、来秋から水素活用した次世代コンビニ展開 FCトラックも

セブンイレブン・ジャパンとトヨタ自動車は6日、2019年秋から水素を燃料とする次世代コンビニプロジェクトを始動することを明らかにした。

Source: 財経新聞

ヨーロッパでプラスチック製品大幅削減の動き

欧州委員会は5月末、ヨーロッパの海洋廃棄物の70%を占めるといわれるプラスチックの大幅削減のために動き出した。

Source: 財経新聞

「人を雇う責任」を逆なでする人

会社として「人を雇う」ということには、相応の責任が伴います。

Source: 財経新聞

ノウハウは一般化しないと使いづらく、一般化すると盗まれる

少し前のことですが、京セラ創業者の稲盛和夫氏が考案した「アメーバ経営」に関する企業秘密を不正に持ち出したとして、子会社の元幹部が不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の容疑で書類送検されたという話題がありました。

Source: 財経新聞

「転勤」を強いる前提は、もうなくなっていると思うこと

ここ最近の「転勤」事情に関する記事を見ました。

Source: 財経新聞

同質の人とのかかわりだけでは判断がゆがむという話

ここ最近、高齢者のマナーという話題がいくつかありました。

Source: 財経新聞

相変わらず「目標管理がうまくいかない」という話から

最近ときどき人事制度がらみの話を交えて講演することがあります。

Source: 財経新聞

「企業ブランド」と「自分ブランド」のギャップ認識に必要な謙虚さ

特に有名企業や大企業から転職した人や独立した人が陥りがちなこととして、「“企業ブランド”と“自分ブランド”の勘違い」というものがあります。

Source: 財経新聞

自分の「やる気」は自分で出すもの

最近とても共感したことですが、お笑い芸人のみやぞんさんが出演していた番組で、過酷な日程のロケが続く中、彼は「自分の機嫌は自分でとる。

Source: 財経新聞

地球温暖化を信じているほどエコ活動をしない 米での調査

600人のアメリカ人を対象とした1年間の調査の結果、地球温暖化を信じている人は懐疑派よりエコ活動をしていないということが分かったという。

Source: 財経新聞

ハラスメントを恐れた「コミュニケーションの自粛」はどうしたら解決できる?

セクハラ、パワハラをはじめとしたハラスメントの話題が、財務事務次官の問題をきっかけに盛んに議論されています。

Source: 財経新聞

「裁量労働制」に必要なのは“時間”よりも“仕事量”の裁量

ある新聞で、雇用に関する専門家が「裁量労働制」についてコメントしている記事がありました。

Source: 財経新聞

大阪市立大、CO2を減らしながら太陽光発電するバイオ燃料電池を開発

大阪市立大学人工光合成研究センターの天尾豊教授のグループが、二酸化炭素を削減しながら太陽光で発電するバイオ燃料電池の開発に成功した。

Source: 財経新聞

噛み終えたチューインガムを素材に使用するスニーカー、オランダで開発

オランダ・アムステルダムで、噛み終えたチューインガムをリサイクルして原料に使用するスニーカー「Gumshoe」が開発された。

Source: 財経新聞

トヨタや愛知県など、再エネ活用して水素を製造 フォークリフトなどで利用へ

愛知県やトヨタ自動車、中部電力などは25日、水素社会実現に向け、「知多市・豊田市再エネ利用低炭素水素プロジェクト」を開始した。

Source: 財経新聞

海流発電の実用化へ NEDOが実証事業

四面海に囲まれた日本にとって、有望な再生可能エネルギーとして期待される海流発電が実用化に向けて動き出す見通しとなった。

Source: 財経新聞

水素社会は日本が主導?世界初、市街地で水素100%による熱電供給を達成

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業において、大林組と川崎重工業は20日、市街地における水素燃料100%のガスタービン発電による熱電供給を世界で初めて達成したと発表した。

Source: 財経新聞

2017年度不適切会計企業は前年度比52%増と過去最多 東京商工リサーチ

東芝の不正会計問題を機に、企業会計の適切性が問われているが、東京商工リサーチが20日にまとめた2017年度の不適切会計・経理の開示企業は、上場企業で64社と、前年度比52.3%の大幅増加となった。

Source: 財経新聞

国際海事機関、2050年までに海運船舶のCO2排出量半減で合意

地球温暖化対策として、海運分野でも二酸化炭素(CO2)排出量削減の動きが出ているようだ。

Source: 財経新聞

ノルウェー社による世界最大の浮体式洋上風力発電所 稼働から半年

昨年10月、ノルウェーのスタトイル社が世界最大の浮体式洋上風力発電所「Hywind Scotland」をスコットランド沖合約25kmに建設、電力供給を開始した。

Source: 財経新聞

南鳥島周辺に眠るレアアースは世界需要の数百年分に―早大、東大の研究

早稲田大学、東京大学、太平洋セメント、東亜建設工業などから研究者が参加した調査プロジェクトによって、日本の南鳥島周辺の排他的経済水域(EEZ)に、世界需要の数百年分もの量に相当する莫大なレアアースが存在することが明らかになった。

Source: 財経新聞

スターウォーズの世界も夢じゃない 電気を動力にした乗り物が自動充電・走行する未来【スマホでサンマが焼ける日】

【第12回】電気・エネルギー業界は今、50年に1度の大転換期を迎えています。

Source: 財経新聞

ドローンは、空飛ぶ「Wi-Fi基地」になる【スマホでサンマが焼ける日】

【第11回】電気・エネルギー業界は今、50年に1度の大転換期を迎えています。

Source: 財経新聞

Translate »