グリーン投資減税で即時償却

こんにちは。

神田明神の鳥居横の太陽光発電のONE TO ONE です。

クリーンエネルギー促進のために施行されたグリーン投資減税があります。

グリーン投資減税とは、太陽光発電を含む再生可能エネルギーを普及させるために設けられた

税制優遇措置のことで、10kw以上の太陽光・風力発電システムで電力の買取制度の認定対象である

ことが条件です。

対象期間は、平成28年3月31日まで、即時償却は平成27年3月31日までになります。

下記は「産業用太陽光発電事業」になりいずれかの控除・償却を選択する事が出来ます。

グリーン投資減税A

○設備取得価額(産業用太陽光発電システム設置費用)の7%相当額の税額控除(中小企業限定)

○普通償却に加えて取得額の30%相当額を償却できる特別償却

○取得額の100%相当額を償却できる即時償却(平成27年3月31日まで)

【7%税額控除】 

産業用太陽光発電取得にかかった費用の7%の税額控除が受けられます。控除額は法人税・個人事業税(所得税)の20%が上限です。

【30%特別償却】 

資産償却について、通常の設備償却は設備取得額÷耐用年数という計算式で償却されます。太陽光発電所の耐用年数を、例えば15年で償却するとした場合には、初年度に30%を償却し、2年~15年目にかけて残りの70%を償却してゆきます。

【100%即時償却】 

初年度に設備取得額の全額(100%)を償却できます。法人税をたくさん払っている会社にとっては、大きなメリット(節税)を受けられる制度です。

太陽光発電設備を手に入れ、その後20年以上売電収入も入ってくるという事になります。太陽光や風力の導入を検討している方は、お急ぎください!

それでは、また See you!

産業用太陽光発電システムの㈱ONE TO ONE ENERGY

Translate »