太陽光の架台はアルミか単管か?

こんにちは、

神田明神の鳥居横の太陽光発電のONE TO ONE です。

「太陽光の架台についてですが、単管パイプを使いたいのですが実際どうでしょうか?アルミ架台はコストが高い感じがしますが」とメールを頂きました。

単管パイプで施工するメリットとしては、現場で組み立てるさいにカットできるので施工の融通性が高いという事です。アルミ架台の場合、設計図を元に工場でカットして製造しますので、太陽光パネルを並べる枚数や形状が異なる場合には、融通がきかない場合もあります。当社では、土地の形状にあわせて架台を設計し、尚且つ工場にて部材もカットして現場へ納品させて頂いております。架台は現場にて組み立てるだけとなるので、施行が早くなりますので人工代を安く抑えることができます。アルミ架台は単管に比べて軽いので施工も楽で、錆びる心配も殆どなく仕上がりも綺麗です。

下記は、事務所に展示してあります、野立て用の架台です。

アルミ架台1

施行するとこんな感じです。

アルミ架台3

輝いてませんか?

アルミ架台4

アルミ架台7

アルミ架台2

産業用太陽光発電の架台やスクリュー抗を取り扱ってますので、是非、ホームページをチェックしてみてください。

>>雪に強い架台の太陽光発電@と驚くソーラーカーポート<<

→産業用太陽光発電のアルミ架台の提案サイト

それでは、See you!

Translate »