太陽光発電の買取価格の今後

HOME | 補助金・助成金 | 東京都葛飾区の太陽光発電補助金情報

平成29年度の住宅用太陽光発電の売電価格は28円。今後も下がります!

太陽光発電固定買取制度単価の推移

区分 2017年
(平成29年度)
2018年
(平成30年度)
2019年
(平成31年度)
10kW未満
(※ダブル発電)
出力抑制のない地域
(東京、中部、関西)
28円(25円) 26円(25円) 24円(24円)
出力抑制のある地域
(北陸、中国、沖縄、四国、北海道、東北、九州)
30円(27円) 28円(27円) 26円(26円)
10kW以上2MW未満 21円 18円 未定

※自家発電設備等(エネファーム、エコウィル、蓄電池、家庭に電気を供給できる電気自動車等)を併設したもの。
 
太陽光発電の買取価格は年々引き下げられていす。しかしながら、東日本大震災以降に原子力発電所を長期停止した影響で、日本の家庭向け電気料金は震災前と比べ電気代は上り続けています。原子力発電所の今後の展開により、電気代は値上がりすると予測されます。

東日本大震災以降、ご家庭の電力料金は確実に値上がりしています!

電気料金(東京電力エナジーパートナー従量電灯B)※2008年東日本震災前

  単位 料金(税込)
電力量料金   最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 17円87銭
  120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 22円86銭
  上記超過(第3段階料金) 24円13銭

電気料金(東京電力エナジーパートナー従量電灯B)※2012年東日本震災後

  単位 料金(税込)
電力量料金   最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 18円89銭
  120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 25円19銭
  上記超過(第3段階料金) 29円10銭

電気料金(東京電力エナジーパートナー従量電灯B)※2017年現在

  単位 料金(税込)
電力量料金   最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19円52銭
  120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 26円00銭
  上記超過(第3段階料金) 30円02銭

これからの太陽光発電は売電より自家消費型のほうがおすすめ!

太陽光発電の自家消費とは、太陽光発電でつくられた電力をどれだけ建物内で使用することです。本年2017年の太陽光発電の売電単価は28円です。対して、購入単価は第3段階で30円02銭です。電力会社から購入するよりも太陽光発電システムを設置して電気をつくり、自家消費したほうがお得です。

東京都葛飾区の太陽光発電設備設置費の補助金および助成金について

また、東京都葛飾区には、《個人住宅用》かつしかエコ助成金の制度があり、再生可能エネルギーの利用促進や、省エネ・節電対策として、太陽光発電システムや省エネ機器などを個人住宅に導入する際、費用の一部を補助しています。なお、補助金の条件、補助金の予算には限りがあるので、ご注意ください。あらかじめ区役所に確認をすることをおすすめします。

 製品・工事・お見積もりなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お見積もりは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。
 

無料相談・見積もりフォーム

 

住宅用太陽光発電システム

経済産業省再生可能エネルギー経済産業省再生可能エネルギー
太陽光発電協会太陽光発電協会
都道府県・市区町村の補助金都道府県・市区町村の補助金
施行事例施行事例
トップへ