ソーラーシェアリング

HOME | ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングの仕組み・導入メリット

ソーラーシェアリング
ソーラーシェアリングとは、農作物を栽培している農地の上に、波型のように太陽光パネルを並べて設置し、太陽光を農作物と発電で『シェアリング』するというものです。良い農作物を作り続けていくために、農業収入とは別の安定した副収入を確立する新しい形として『ソーラーシェアリング』が注目されています。

農地の有効活用として期待

ソーラーシェアリングを実施する場合は、農地法に基づく一時転用許可が必要とされており、3年間という期限付き(更新可能)というものに現段階ではなっております。更新は可能です。農地で営農が行われない場合は、施設を速やかに撤去し農地として利用できる状況に回復しなければなりません。農地、太陽光発電を目的とした転用は認められない農用地区域内農地、第1種、甲種農地であっても、一時転用の許可を取得すればソーラーシェアリングに取り組む事が可能であり、農地の有効性活用施策として今後、非常に期待が高まっております。
ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングを計画している農地の一時転用の許可条件とは?

1.営農型発電設備の下部の農地における営農の適切な継続が確保され、支柱がこれを前提として設置される当該設備を支えるためのものとして利用されること。また、報告内容について、必要な知見を有する者の確認を受けること。

2.営農型発電設備の下部の農地において営農の適切な継続が確保されなくなった場合又は確保されないと見込まれる場合には、適切な日照量の確保等のために必要な改善措置を迅速に講ずること。営農型発電設備の下部の農地において生産された農作物に係る状況を、毎年報告すること。

3.営農型発電設備の下部の農地において営農の適切な継続が確保されなくなった場合若しくは確保されないと見込まれる場合、営農型発電設備を改築する場合又は営農型発電設備による発電事業を廃止する場合には、遅滞なく、報告すること。

4.営農型発電設備の下部の農地における営農が行われない場合又は営農型発電設備による発電事業が廃止される場合には、支柱を含む当該設備を速やかに撤去し、農地として利用する状態に回復すること。

ソーラーシェアリングを行うときの許可申請に必要とされるもの

ソーラーシェアリング

営農型発電設備の設計図
下部の農地における営農計画書
営農型発電設備の設置による下部の農地における営農への影響の見込み及びその根拠となる関連データ又は必要な知見を有する者の意見書
営農型発電設備を設置する者と下部の農地において営農する者が異なる場合には、支柱を含む営農型発電設備の撤去について、設置者が費用を負担することを基本として、当該費用の負担について合意されていることを証する書面

<報告義務>
営農型発電設備の支柱について、転用許可を受けた者は、下部の農地において生産された農作物にかかる状況(収量など)を収穫した年の翌年2月末日までに許可権者に報告するものとする。また、この場合、報告内容が適切であるかについて、必要な知見を有する者の確認を受けるものとし、農地で営農が行われない場合は、施設を速やかに撤去し農地として利用できる状況に回復しなければなりません。

営農型太陽光発電、ソーラーシェアリングは新しい農業の形です

ソーラーシェアリングでは営農と太陽光発電、2つの収入源を得られます。農業の収益が上がれば農業に従事する人が増え、雇用だけでなく農家の後継者の不足も解消されます。また、耕作放棄地の増加も解決されるでしょう。ソーラーシェアリングは、農家が抱える諸問題を解決しうる可能性を秘めています。

太陽光発電固定買取制度単価の推移

区分 2017年
(平成29年度)
2018年
(平成30年度)
2019年
(平成31年度)
10kW未満
(※ダブル発電)
出力抑制のない地域
(東京、中部、関西)
28円(25円) 26円(25円) 24円(24円)
出力抑制のある地域
(北陸、中国、沖縄、四国、北海道、東北、九州)
30円(27円) 28円(27円) 26円(26円)
10kW以上2MW未満 21円 18円 未定

太陽光発電の買取価格は年々引き下げられていす。しかしながら、東日本大震災以降に原子力発電所を長期停止した影響で、日本の家庭向け電気料金は震災前と比べ電気代は上り続けています。原子力発電所の今後の展開により、電気代は値上がりすると予測されます。作付けする作物によっては、電気が必要になります。太陽光発電システムを設置して、余剰買取や自家消費を行うことで、電気代にかかるコストを削減することもできます。

 営農型太陽光発電ソーラーシェアリングに適した相性の良い農作物

ソーラーシェアリング

太陽光パネルで遮る太陽光の程度(遮光率)は約30%で、作物の生育に支障がないように設計します。植物は光が当たることで成長しますが、実はほとんどの植物にはその光の量が一定の範囲を超えた場合は、それ以上成長しないという特長があります。それを「光飽和点」と呼びます。強すぎる太陽光は成長に使いきれません。光飽和点を持っている植物は「C3型植物」と呼ばれていますが、このC3型植物は下記の通りとなっています。ソーラーシェアリングに適した農作物は以下のような作物が代表的です。

日照に応じて成長する作物

作物 光飽和点(klx)
トウモロコシ なし
サトウキビ なし

豊富な日照が必要な作物

作物 光飽和点(klx)
スイカ 80
トマト 70

比較的多い日照が必要な作物

作物 光飽和点(klx)
きゅうり 40~55
40~50
ナス 40
えんどう 40
ぶどう 40
いちじく 40

比較的日陰を好む作物

作物 光飽和点(klx)
レタス 25
ミツバ 20
シクラメン 15
アゼリア 5

光飽和点が高い作物は、ソーラーシェアリングを行うにあたりリスクが高くなってしまいますので注意が必要です。強すぎる直射日光によって葉が日焼けすることを防ぐ効果もありますので、作物の種類によっては非常に効率的なソーラーシェアリングが実現可能となっています。

農業を続けながら農地を活用!農業と自然エネルギー共生をご提案!

休耕地の再生や、農業を継続しながら新たな生計がたてられる。
安定した収入により、後継者を育てることや新規就農者を呼び込める。
営農型太陽光パネルで発電した電気を売るだけでなく農業用電力として利用できる。

人口が減少し、高齢化が進んでいる日本では、農産物・食料の需要が減少するとともに、農産物の価格低落が起こっています。食料自給率もカロリーベースでみるとこの半世紀の間に80%近い水準から40%程度まで低下しています。変化の激しい時代のなか、日本の農業、農家を廃れさせないためにも、農業収入とは別の安定した収入源を確立することは農家を守る上で非常に重要と言えます。そういった背景から、今後「ソーラーシェアリング」は普及していくのではないかと予測されます。当社では、農業を続けながら農地を最大限に活用する。農業と自然エネルギー共生をご提案しています。

 ソーラーシェアリング、太陽光パネルの遮光される効果とメリット

太陽光パネルの遮光による猛暑対策

太陽光パネルの遮光による猛暑対策
1.作物の旬の期間を長くすることができる。
2.太陽光パネルの遮光により夏場の農作業が楽になる。
3.農作業による日焼けや熱中症の対策になる。

太陽光パネルの遮光による作物活性

太陽光パネルの遮光による作物活性
1.太陽光パネルの遮熱効果により、湿度が維持でき、地中の微生物の活動を助け、良い土壌を作りやすくなる。
2.日照りに強い有害な雑草を排除し、除草が容易になる。

太陽光パネルの遮光による経費節約

太陽光パネルの遮光による経費節約
1.トラクターのキャビン内の温度が下がり、エアコンの消費量が少なくなる。
2.太陽光パネルの遮光により、地中の水分蒸散が減少し、農業用水などが節約できる。

低圧産業用太陽光発電パッケージ販売

太陽光発電ソラウータン
太陽光発電ソラウータン

 製品・工事・お見積もりなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お見積もりは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。
 

無料相談・見積もりフォーム

 

経済産業省再生可能エネルギー経済産業省再生可能エネルギー
太陽光発電協会太陽光発電協会
都道府県・市区町村の補助金都道府県・市区町村の補助金
施行事例施行事例
トップへ