フレキシブルソーラーパネルは軽い!曲がる! 曲面、壁面、カーポートに簡単設置!

フレキシブルソーラーパネル
CIGSフレキシブルソーラーパネル



CIGSフレキシブルソーラーパネルとは?



フレキシブルソーラーパネル

CIGSフレキシブルソーラーパネルとは、銅(Cu)、インジウム(I)、ガリウム(G)、セレン(Se)の4種類の元素を原料として生成された化合物半導体によって発電するソーラーパネルです。似たモジュールとしてCIS太陽光モジュールがありますが、インジウムの一部をガリウム元素によって構成することにより、よりたくさんの光エネルギーを変換できるように設計されているのがCIGSフレキシブルソーラーパネルの特徴です。現在の産業用太陽光パネルの主流はガラス基板となります。このガラス基板とは異なり、金属箔やポリマーのように曲げることが可能な基板がフレキシブル基板です。フレキシブル基板を用いることで、曲面や壁面への設置が可能です。また、フレキシブルソーラーパネルはガラス基板の太陽光パネルと比較した場合に、軽量なので、持ち運ぶことや自動車などの屋根に取り付けることも用意です。これまでに、太陽光発電設備を設置不可能と言われていた場所に、設置が可能となる優れたソーラーパネルです。


フレキシブルソーラーパネル


フレキシブルソーラーパネルと結晶系パネルとの比較


薄膜系と結晶系パネル比較


CIGSフレキシブルソーラーパネル発電実力



CIGSフレキシブルモジュールは朝夕曇展時やパネル影、高温時の環境に強い!

CIGSフレキシブルソーラーパネルはバイパスダイオードの設計仕様により、結晶系シリコンパネルに比べ、部分的な日蔭の影響による電力損失を最小化にしております。そのため、日の出、日の入り前後、曇天時等の日照の弱いときの発電量は、結晶系シリコン太陽光モジュールを上回ると言われています。さらに、高温時において発電量がシリコン系に勝ることや経年劣化も少ないことも、実証実験※太陽光発電総合情報参照で確認されております。パネル表面は「着雪」に強いツルツルとした弾力のある素材を使用しておりますので、降雪エリアでは、ビル、建物の壁面等のぶら下げて使うといった設置方法も可能なっているところが、CIGSフレキシブルソーラーパネルの特徴です。


CIGSフレキシブルモジュールの日陰での発電比較



CIGSフレキシブルソーラーパネルは陸屋根でのパネル設置向きの問題点を解決!

現状:一般的には、年間を通してにバランスよく発電させるため、通常の陸屋根での設置では、太陽光発電モジュールは一定的な傾斜角度を設けて設置を行います。
問題点:影の影響を避けるため、隣接する太陽光発電モジュールを、ある程度のスペースを置いてから設置する必要があります。しかしながら、このスペースを設けることで、屋根の有効面積が少なくなるので、発電量のロスに繋がります。
解決策:CIGSフレキシブルソーラーパネルなら、平面設置が可能になるので、傾斜をつけた設置は不要となります。屋根の設置スペースを生かして陸屋根の発電量を最大化にすることが可能です。

CIGSフレキシブルソーラーパネル




CIGSフレキシブル太陽光モジュール


CIGSフレキシブルソーラーパネルは簡単設置


CIGSフレキシブル太陽光発電モジュールは簡単設置

フレキシブルモジュール設置手順


 CIGSフレキシブルモジュールの設置VTR

CIGSフレキシブルモジュールのメリット


CIGSフレキシブルソーラーパネルは設置面と一体化

・架台は不要
・風荷重はゼロ
・あらゆる屋上タイプや形状にもフィット
・耐久性にすぐれていて、壊れにくい

CIGSフレキシブルソーラーパネルは軽量

・360Wフレキシブルモジュールの1㎡あたり5.1㎏(接着シート付は、6.2Kg/1㎡)

CIGSフレキシブルソーラーパネルは有効設置エリア面積が広い

・平面設置で傾斜をつけた設置は不要
・最小限の設置スペース

CIGSフレキシブルソーラーパネルは高い発電効率

・15.5%のモジュール変換効率

CIGSフレキシブルソーラーパネルはハイパフォーマンス


・影の影響を受けにくい

・あらゆる日照条件にて発電、熱に強い


フレキシブルモジュール応用実例


既存工場の屋根

既存工場の屋根
リフォーム時の金属屋根

リフォーム時の金属屋根
既存のカーポート

既存のカーポート
曲面の多い自動車の側面や屋根

曲面の多い自動車の側面や屋根
農業用ハウス

農業用のハウス
簡易的なテント

テントや簡易的な屋外施設


フレキシブルソーラーパネルオススメします

CIGSフレキシブルソーラーパネルは「曲がる」「軽い」「受光効率が高い」などシリコン系のガラスモジュールを凌ぐハイパフォーマンスを誇っています。これまでに、太陽光発電システムの導入を検討したが、重量負荷能力が低い建築物や強度が弱い建築物(倉庫、工場屋根、カーポート)、曲面構造の建築物(体育館)、屋根に穴をあけていけない建築物などで太陽光発電システムを導入ができなかった方は、今一度ご検討をいただきCIGSフレキシブルソーラーパネルの導入をすすめます。

フレキシブルモジュール





フレキシブルソーラーフレキシブルソーラー



お問合わせは、TEL:03-5298-2655


㈱ONE TO ONEへのメールでのお問合せは下記フォームをご利用ください。 後ほど担当者よりご連絡いたします。