ソーラーカーポート

HOME | 取扱製品・サービス | ソーラーカーポート | ソーラーカーポートを使用するデメリットとは

ソーラーカーポートを使用するデメリットとは

ソーラーカーポート
 

カーポートとは、その名の通り車の屋根を意味し、ガレージと同じように車を駐車するスペースに設置します。ガレージと違うところは、カーポートは屋根と柱だけの構造で、壁で覆われていない点です。ガレージと比べて作りが簡易ですので、比較的安価に設置できるのが特徴です。カーポートを設置すれば、雨の日に濡れずに車から乗り降りができるほか、荷物を出し入れする際も、傘を差しながら行う必要がなくなります。天井の存在しない駐車スペースと違い、雨や雪、鳥のフンやなど上空からの落下物を防いでくれます。雨や鳥のフンは部品の劣化を早めたり、塗料やガラスに跡が残ったりするため、カーポートにより車が汚れにくくなるのも良い点です。さらにカーポートの屋根は紫外線をカットする効果があり、強い日差しから車を守ってくれます。熱線遮断効果の高いものは、車内の温度の上昇を抑えることも可能です。

そもそもカーポートは太陽の熱から車を守るため

近年ではクリーンで安全なエネルギーとして太陽光発電が注目されていますが、一般住宅に太陽光パネルを設置する場合、屋根の上というイメージが根強く存在します。しかし、太陽光発電システムを設置できるのは、住宅の屋根だけではありません。カーポートに太陽光パネルを設置することもでき、そのようなカーポートはソーラーカーポートと呼びます。カーポートはもともと太陽の熱から車を守る役割があるので、発電効率が高いのが特徴です。ソーラーカーポートを設置することで住宅に電力を供給し、車を太陽から守ることができれば、まさに一石二鳥です。

ソーラーカーポートはデメリットも存在する

しかし、ソーラーカーポートにはメリットだけでなくデメリットも存在します。特にデメリットをよく理解しておかないと、高い費用を払ってソーラーカーポートを設置したのに、理想通りの発電を行えずに損をしてしまう場合があります。ソーラーカーポートの設置に向いているのは、もともと太陽光発電に興味があるが、屋根の面積や形状により設置が困難であるような場合です。また、太陽光パネルを設置することで建物の外観を壊したくない場合や、屋根に設置済みで、さらに増設されたい場合もおすすめです。

カーポートは住宅よりも低い位置になってしまう点

ソーラーカーポートを設置する際、注意たいのが設置するスペースは充分に確保されているかについてです。当然ながら、太陽光発電を行うためには、ある程度のスペースが必要です。小さなカーポートでは。太陽光パネルの設置枚数が少なくなりますので、発電できる量も少なくなります。十分なスペースが用意できても、太陽の光が当たらなくては発電できません。カーポートのデメリットとして、一般的に屋根が住宅よりも低い位置になってしまう点があります。周囲の建物だけでなく、自らの建物の陰になる時間が発生してしまうケースが多く見られます。電柱や標識、看板等で日差しが遮られてしまう場合があります。このような事態を防ぐために、あらかじめ方角や建物の位置関係から、カーポートに対する太陽の動きを確認しておきましょう。特に日差しが強くなる10時から15時の間に陰になってしまう時間が多いと、発電量が低下します。

太陽光パネルを設置するカーポートの強度や耐久性

太陽光パネルは1枚あたりの重さが15kgから20kgあり、コンパクトな省スペース型のパネルであっても容量によってはかなりの重量があります。そのため、太陽光パネルを設置できるカーポートの強度や耐久性がないと、カーポート自体に負担がかかってしまいます。設置は、太陽光パネル以外にも架台などが必要となりますので、カーポートの強度や耐久性について不安がある時は、専門家に相談しておきましょう。強度や耐久性が不十分なまま設置すると、台風などの強風で屋根が飛んでしまう場合もあり、通常のカーポートより費用をかけてソーラーカーポートを設置しても、台無しになってしまう可能性があります。

ソーラーカーポートについて知りたい

ソーラーカーポートの仕組み。駐車スペースであるカーポートにソーラーパネルを設置するソーラーカーポートも人気を集めています。ここでは、ソーラーカーポートの仕組みをご紹介しています。


ソーラーカーポートの売電システムについて。ソーラーカーポートでは、現在注目を集めているシステムとして屋根貸しがあります。ここでは、ソーラーカーポートの売電システムをご紹介しています。


ソーラーカーポートの価格相場について。ソーラーカーポートの価格はメーカーによって異なりますが、年間発電量が4000kwh台だと250万円から300万円程度です。ここでは、ソーラーカーポートの価格の相場をご紹介しています。


ソーラーカーポートを使用するメリットとは?ソーラーカーポートにはいくつかメリットがあります。たくさんメリットがありますが、ここでは、ソーラーカーポートの5つのメリットをご紹介しています。


ソーラーカーポートを使用するデメリットとは?ソーラーカーポートを設置する際、注意たいのが設置するスペースは充分に確保されているかについてです。当然ながら、太陽光発電を行うためには、ある程度のスペースが必要です。ここでは、デメリットをご紹介しています。


ソーラーカーポートの設置場所について。一般的な戸建ての駐車場に対してソーラーカーポートを設置することを希望している方もいます。月極駐車場として利用している場所や、会社などでも営業車を停めるようなスペースに対しても、ソーラーカーポートを利用する方法が用意されています。


ソーラーカーポートの設置費用について。ソーラーカーポートの設置に当たっては費用が掛かります。この費用は当然通常のカーポートよりも高額になりますが、この費用を考える際には太陽光発電に於ける売電の影響を考慮して計算する必要があります。


ソーラーカーポートに固定資産税はかかるのか?土地や建物(固定資産)の所有者に対し、毎年課税される地方税のことを「固定資産税」といいます。ソーラーカーポートに固定資産税がかかるのか?東京都主税局総務部総務課相談広報班へカーポートは課税の対象になるのか?きいてみました。


ソーラーカーポート4.32kWの300万の見積もりは高いですか安いですか?他社でカーポートに太陽光パネルが16枚乗るタイプとコンクリート張り工事一式で300万と見積もりをもらったのですが高いのか安いのかわかりません。教えてください。


 製品・工事・お見積もりなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お見積もりは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。
 

無料相談・見積もりフォーム

 

トップへ