住宅用太陽光発電システム

HOME | 住宅用太陽光発電システム

Residential Solar System Merit 
住宅用太陽光発電の導入メリット

住宅用太陽光発電システム

太陽の光を電気に変える太陽光パネルは、製造時にエネルギーを必要としますが、発電時に燃料を一切必要としません。 自然エネルギーである太陽光だけで発電し、CO2 排出量はゼロ。環境への負担を家庭でも大幅に削減できます。企業による技術開発や、国内で堅調に太陽光発電の導入が進んだことにより、太陽光発電設備のコストも着実に低下しています。
 

太陽光発電のメリットは電気代の削減

電気代は今後の原油価格などの動向によっては、さらに値上がりが続く可能性もあります。太陽光発電があれば、自己消費をすることで電気を買わないで済みます。また電気代が値上がりするほど、太陽光発電で節約できる電気代は増えます。 一般電気事業者の電気料金の推移(電灯・電力)は東日本震災以降は、家庭向けの電気料金(電灯料金)の平均単価は約25%、工場・オフィス等の産業向けの電気料金(電力料金)の平均単価は約40%もここ数年で上昇しています。原発の処理費用の問題が今後に国民に負担されるという現実があるので、電気料金はさらに上がるのでは?と言われております。

平成29年度の住宅用太陽光発電の売電価格は28円。今後も下がります!

 太陽光発電固定買取制度単価の推移

 区分 2017年
(平成29年度)
2018年
(平成30年度)
2018年
(平成30年度)
10kW未満
(※ダブル発電)
出力抑制のない地域
(東京、中部、関西)
28円(25円) 26円(25円) 24円(24円)
出力抑制のある地域
(北陸、中国、沖縄、四国、北海道、東北、九州)
30円(27円) 28円(27円) 26円(26円)
 10kW以上2MW未満 21円 未定 未定
※自家発電設備等(エネファーム、エコウィル、蓄電池、家庭に電気を供給できる電気自動車等)を併設したもの。
太陽光発電の買取価格は年々引き下げられていす。しかしながら、東日本大震災以降に原子力発電所を長期停止した影響で、日本の家庭向け電気料金は震災前と比べ電気代は上り続けています。原子力発電所の今後の展開により、電気代は値上がりすると予測されます。

東日本大震災以降、ご家庭の電力料金は確実に値上がりしています!

電気料金(東京電力エナジーパートナー従量電灯B)※2008年東日本震災前

  単位 料金(税込)
電力量料金  最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 17円87銭
 120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 22円86銭
 上記超過(第3段階料金) 24円13銭

電気料金(東京電力エナジーパートナー従量電灯B)※2012年東日本震災後

  単位 料金(税込)
電力量料金  最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 18円89銭
 120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 25円19銭
 上記超過(第3段階料金) 29円10銭

電気料金(東京電力エナジーパートナー従量電灯B)※2017年現在

  単位 料金(税込)
電力量料金  最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19円52銭
 120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 26円00銭
 上記超過(第3段階料金) 30円02銭

 これからの太陽光発電は売電重視型より自家消費型のほうがおすすめ!

太陽光発電の自家消費とは、太陽光発電でつくられた電力をどれだけ建物内で使用することになります。本年2017年の太陽光発電の売電単価は28円です。対して、購入単価は第3段階で30円02銭となりますので、電力会社から購入するよりも太陽光発電システムを設置して電気をつくり、自家消費したほうがお得になります。

家庭向け電力料金は、一般的な従量電灯契約の場合、使えば使うほど料金単価が上がります。しかしながら、太陽光発電で創った電気を活用して電力会社からの買電量を減らせば、大きな経済的メリットが生まれます。太陽光発電システムで発電した電気を電力会社に売る場合、10kW未満のシステムは、ご家庭で使った分を差し引いて売電する「余剰買取」を利用できます。住宅用太陽光発電システム設置した10年間は、売電による収入が使用した電気料金を大きく上回り、収益も生まれ経済的なメリットが多いです。
 

ご家庭の電力は「買う」よりも「つくり」自家消費する時代へ

固定買取制度で定める10年間の期間を過ぎると規制が取れ、電力会社や新電力などの電気事業者は電力を買わなくてはいけないという義務がなくなります。しかしながら、買い取り期間終了後も自家消費をする方がお得な状況が増えてきます。設置容量や電力消費をスマートメーターなどで見直したり、蓄電池を導入することにより、太陽光発電はよりエコで経済的な発電システムになり得ます。設置する場所や条件により変わりますが、太陽光発電設備は通常10年位でシステム代金が回収でき、メンテナンスをしっかり行えば長期でも安心して使用できます。

 太陽光発電システムを導入して値上がりしない電気料金をご提案!

電気料金は今後の原油価格の上昇や消費税増などの動向により、値上がりが続く可能性があります。
太陽光発電システムを導入して、自己消費をすることで高い電気を買わないで済みます。
電気料金が値上がりしても、太陽光発電で自家消費することで電気料金を減らすことができます。
 

太陽光発電を設置して自己消費をすることで、高い電気を買わないで済みます。現在、毎月の電気代を約1万円お支払いしているご家庭の場合は、今後10年間で約120万円の電気代を電力会社へ支払うことになります。電気料金は今後も上昇傾向となりそうなので、家計への負担はさらにふえていくと思われます。太陽光発電設備は、ここ数年メーカーの努力により5年前の価格と比べて約半分くらいまで値下がりしています。太陽光の設置費用が底値になっている今、出来るだけ早くご検討される事をおすすめします。当社では、値上がりしない電気料金をご提案しています。

 太陽光発電システムを設置して暮らしにやさしいお得なメリット

太陽光パネルの遮熱効果で冷暖費を節約

 

太陽光発電を設置すると、設置した屋根の下の部屋の保冷・保温効果がアップします。屋根材の上に設置した太陽電池モジュールが断熱材としての役割を果たすため、夏場は屋根への直射熱を軽減する断熱効果が、冬場には屋根裏の熱を逃がさないように保温効果が期待されます。その結果、室内環境はより快適になり、エアコンなどを使用した場合、その効果がより長く持続するため、冷暖房費が節約できます。 
 

 緑の贈与で、かしこく資産継承

 

「緑の贈与」制度とは、祖父母から子・孫の世帯に新築住宅に太陽光発電システムを設置する資金を贈与した場合、一定の条件を満たす場合には贈与税が非課税となる制度です。これは、再エネ・省エネ促進に導く仕組みであり、資産継承と環境への貢献を両立するものです。例えば、息子夫婦、または孫の口座に太陽光発電での売電収入が振り込まれるようにすることができ、売電収入を孫の学資保険に積み立てれば、祖父母が贈った再生エネルギーの配当で、孫が進学する際の資金を贈与することも できます。 
 

 停電時にパワコンから電力供給

 
万一の停電時には、パワーコンディショナを「自立運転」に切り替えれば、太陽光発電システムで発電した電力により電気製品を使うことができます。 電気ポットでお湯を沸かす、さらに、ラジオやテレビから情報を得る、携帯電話の充電をするなど、電気を使うさまざまなシーンに役立てることができます。
 
 

製品・工事・お見積もりなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お問い合わせは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。

お預かりした個人情報は、個人情報保護法に基づき管理しております。お問い合わせの際は「個人情報取扱について」をお読みいただいた上でお気軽にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせフォーム