ソーラー施設用防草シート

HOME | 製品一覧 | 防草シート | 強力防草シート BB2218

日本ワイドクロス
Nihon Widecloth

強力防草シート BB2218

【ぬかるみ防止】【泥はね防止】【滑り止め効果】優れた防草効果と即効透水性でぬかるみを防止し、太陽光発電所施設の快適環境が得られます。

防草シートBB2218
防草シートBB2218

製品仕様表

 品名 強力防草シート
 品番 BB2218
 カラー ブラック
 織巾(m) 1・1.5・2・3
 長さ(m) 100
 重量 48kg
 材質 ポリプロピレン
 タテ引張強度(N) 2,029
 ヨコ引張強度(N) 2,177
 加工 即効透水性加工

※仕様は製品改善等の理由により、変更になる場合がございます。

雑草繁殖におけるリスク

太陽光パネルは日陰を嫌います。雑草などが伸びて 1枚の太陽光パネルに影がかかると、太陽光パネル内の幾つかの太陽電池セルが発電しなくなるだけでなく、その周囲にある影のかかっていない太陽光パネルにも影響でてくる恐れがあります。また、影が掛かると太陽光パネルの一部が加熱するホットスポット現象が起こることがあります。ホットスポット現象は故障発生につながるので、健全な太陽光発電所を維持するためにも、雑草対策は必須となります。

豊富な実績と規格の防草シート

防草シートの材質は、ポリプロピレン、再生PET、ポリエステル、ポリエチレンなどの繊維が使用されています。弊社で取り扱っている防草シートは、ポリプロピレンの繊維で出来ています。ポリプロピレン(polypropylene)は、炭化水素だけで出来た化合物の一種であるプロピレンを重合させた熱可塑性樹脂(ねつかそせいじゅし)です。熱可塑性樹脂とは、加熱することによって軟化するため加工がし易いプラスチックです。現在は、私達の生活の中で非常に多くのものに使われおり、おもちゃ、文房具、包装紙、自動車部品、容器などがあげられます。ポリプロピレンは、リサイクル性と環境負荷が少ないという点でも優れています。

防草 強力防草シートの特徴

高密度織で物性強度を高め従来の2倍の耐久性を確保

高密度強力特殊織で物性強度を大幅アップ、太陽光発電所施設内の張替え寿命を2倍に延長し経済効果を発揮

高い遮光性で防草効果・即効透水性加工でぬかるみ防止

優れた防草効果と即効透水性でぬかるみを防止し、太陽光発電所を快適に保ちます

織り方に工夫を施し滑りにくく、環境に優しい素材を使用

織り方に工夫を施しているので滑りにくく安全、焼却しても有毒ガスがほとんど発生しない素材を使用

防草シートBB2218
防草シートBB2218

製品仕様表

 品名 強力防草シート
 品番 BB2218
 カラー ブラック
 織巾(m) 1・1.5・2・3
 長さ(m) 100
 重量 48kg
 材質 ポリプロピレン
 タテ引張強度(N) 2,029
 ヨコ引張強度(N) 2,177
 加工 即効透水性加工

※仕様は製品改善等の理由により、変更になる場合がございます。

製品・工事・お見積もりなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お問い合わせは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。

お預かりした個人情報は、個人情報保護法に基づき管理しております。お問い合わせの際は「個人情報取扱について」をお読みいただいた上でお気軽にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせフォーム