V2H + 太陽光発電システム

HOME | 製品一覧 | 電気自働車充電設備・V2H | 三菱電機 | 三菱EV用パワーコンディショナSMART V2H

Mitsubishi SMART V2H  System Merit
電気自動車(EV)と太陽光発電システムの併用で光熱費を大幅に削減

V2H + 太陽光発電システム

「自動車は移動するときにだけ使うもの」そんな常識が、「V2H」で変わります。「V2H」とは「Vehicle to Home」の略で、クルマに蓄えた電気を家で使う仕組みです。これまでは、家庭内から電気自動車への充電のみで、電気自動車から家庭内への放電ができませんでした。「V2H」は電気自動車のバッテリーの蓄えた電気を家庭で使うことができます。太陽光発電システムとセットで導入すると、太陽光発電システムの発電電力で電気自動車を充電することができます。割安な深夜電力にて電気自動車を充電することで燃料費や光熱費を安く抑えることができます。「V2H」は住宅と自動車の架け橋となります。

世界的に広まる電気自動車

これまでの太陽光発電システムは電力会社へ売電を行うのが、一般的でした。しかしながら、太陽光発電の買取価格は年々引き下げられていす。東日本大震災以降は、日本の家庭向け電気料金は震災前と比べ電気代は上り続けています。最近は太陽光発電でつくられた電気を蓄電池にためて自家消費するかたが増えています。昼間発電した電気を蓄電池に溜めておき、夜間や雨天の日に使うことができるし、平常時は蓄電池に夜間電力を溜めて、朝・夕などに使うことで電力のピークシフトに貢献できたり、家庭での電気代を抑えることができるというメリットがあるからです。この蓄電池の代わりになるのが、世界的に広がりつつあるPHEV形式の電気自動車です。「SMART V2H」は、つくった電気をPHEV形式の電気自動車にため「走る蓄電池」として活用できる賢いシステムです。

SMART V2Hは、電気自動車の電源を家につないで使える「走る蓄電池」

PHEV(plug-in hybrid car)とは、プラグインハイブリッドカーの略になり、電気とエンジンを併用した電気自動車でハイブリッドカーは充電できませんが、プラグインハイブリッドカーは、「V2H」などを用いて直接バッテリーに充電できる電気自動車です。この電気自動車の最大のメリットは電池容量です。一般的な家庭用の定置型蓄電池の容量は5~7kWhに対し、PHEVである三菱自動車のアウトランダーなら12kWh、iMiEVが10.5kWhや16kWh、日産自動車のリーフは24kWhや30kWhの大容量になります。これまでの定置型大型蓄電池を設置する代わりに、電気自動車のバッテリーを家につないで走る蓄電池として使えるシステムが「スマートV2H」です。

太陽光発電システムの発電電力を家庭内に供給し、「 SMART V2H」を通して、電気自動車に充電できます。また、電気自動車から「 SMART V2H」を通して、電気自動車の電力を家庭内へ供給することができます。また、「 SMART V2H」本体にバックアップの電源が搭載されているので、停電時には復旧し「SMART V2H」用のモニターを通して家庭内に電源を供給できるようになっています。三菱自動車工業「アウトランダーPHEV」との連系の場合、停電などの万が一の時には非常用電源としても活用できます!「アウトランダーPHEV」のバッテリー満充電で一般家庭の日常使用電力約1日分、ガソリン満タン状態で発電すれば、約10日分の電力を供給できます。

SMART V2Hは、出力6kWにより、多くの電化製品を同時に使用可能

SMART V2H」は出力6kWにより、多くの電化製品を同時に使用できます。万が一、停電が起きても普段に近い暮らしの電気を確保します。
 

SMART V2Hは、停電が起きても通常コンセントで電化製品が使用可能

停電時でも使用する電化製品を特定することなく、住宅用分電盤を通じて家庭内の通常コンセントで普段お使いの電化製品が使用できます。
 

三菱電機の電気自動車用パワーコンディショナ「SMART V2H」の活用シーン

三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」はライフスタイルに合わせて様々な運転モードを選ぶことができます。様々なライフスタイルに合わせた設定をすることでメリットを最大限に引き出すことができます。

電気自動車・太陽光発電・電力会社の3つの電気を同時制御可能!

SMART V2Hは、電気自動車、太陽光発電システム、電力会社からの電気、3つの電気を同時制御。ライフスタイルに合わせた電気の使い方ができます。
 

エネルギーの自給自足の生活をサポート

SMART V2Hは、太陽光発電システムでつくった電気も電気自動車にためることができます。昼間に電気自動車にためて、夜間に使用することで電気をできるだけ買わない生活が実現できます。
 
 

 

電気代の安い時間にためて節約

SMART V2Hは、電気代の安い夜間に電気を電気自動車にためて、昼間に使うことで電気代を節約します。電気のひっ迫期に買電を抑制することで、エネルギーのピークシフトにも貢献できます。
 

 

停電が起きても安心

SMART V2Hは、停電しても電気自動車やPHVEにためた電気が生活をバックアップします。太陽が照っていれば、停電中でもPVからEVへの再充電が可能なので、停電の場合でも安心です。停電時用にあらかじめ使用する電化製品を特定しなくても、家庭内の通常コンセントでいつもと同じ電化製品が最大約6kWまで使用できます。
 

三菱のSMART V2Hは、経済的で環境に配慮した暮らしが実現できます

 

三菱EV用パワーコンディショナSMART V2Hは、電気自動車(EV)を停止している時は蓄電池として活用できます。EVと太陽光発電システム(PV)と系統の三つの電力源を好みの運転モードに応じて最適制御します。昼はPVからの余剰電力をEVに充電し、夜はEVに貯めた電気でまかなうなど、買う電気を減らし電気の自給自足が実現できます。安い夜間電力でEVを充電し、昼間はEVに蓄えた電力とPVでまかなうことで電気代の節約ができます。
 

三菱SMART V2Hは、太陽光発電で作った電気や割安な夜間電力を電気自動車に充電ができる。
三菱SMART V2Hは、自然災害などによる停電時に、PHEVの自働車から住宅に給電ができる。
余剰買取の太陽光発電システムに設置する場合、ダブル発電にならないタイプが選択できる。
 

EV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッドカー)の登場によって、これまでの自動車の概念が世界的に変わりつつあります。太陽光発電と組み合わせることで、家庭で電気をつくり自家消費する、まさに近未来的なエネルギー活用ができます。それがSMART V2Hです。太陽光発電でできるだけたくさんの電気をつくる。つくった電気は電気自動車のバッテリーにためて、省エネの工夫もしながら家庭のエネルギーとして最大限に活かす。誰でも、エネルギーと上手につきあえる、それを可能にするのがSMART V2Hです。当社では、未来のあたりまえをご提案しています。

三菱の「SMART V2Hはここが違う」暮らしにやさしいお得なメリット

EVとPVシステムへ選べる3つのモデル

 

世界初のシステム。電気自動車(EV)と太陽光発電システム(PV)、系統の電気を混ぜて使用できる「SMART V2H」。

売電最大モデル(M7)EVP-SS60B-M7

太陽光発電システム(PV)売電量を増やすためPV売電中は電気自動車(EV)の電気で家庭内の電気をまかなうタイプ(PV容量計10kW未満の場合)

余剰売電モデル(Y7)EVP-SS60B-Y7

余剰買取単価を維持するために、売電中はEVからの給電を停止させるタイプ

余剰売電モデル(Y7W)EVP-SS60B-Y7W

PV用パワーコンディショナを2台(PV容量計10kW未満)使用する場合でも余剰買取単価を維持できるタイプ
 

 エネルギーを賢く効率的に活用

 

太陽光でつくった電気を電気自動車のバッテリーにためて、家庭やドライブで使用。電気自動車の充電がいっぱいの場合は、つくった電気をエコキュートに送って、お湯としてためておける。エネルギーを賢く効率的に活用する生活が実現できます。
 
 

 大容量の蓄電池システムを構築

 

1.大容量:電気自動車(EV)や(PHEV)は大容量の蓄電池を搭載しているので、EVと『SMART V2H』で大容量の蓄電池システムを構築します。

 

2.経済的:太陽光での発電が少ない時も、安い深夜電力で充電した電気自動車(EV)の電力を使用できるので、トータルの電気代を減らせます。

 

3.長期の停電に対応:万が一、停電が長引いた場合でも、昼間は太陽光発電システムの発電電力で家庭への電力供給と電気自動車(EV)への充電を行うことができ、夜間はEVの電力を使うことができます。
 

EVP-SS60B-M7

EVP-SS60B-M7

定格電力 6.0kW
電力変換効率 90%
 
EVP-SS60B-Y7

EVP-SS60B-Y7

定格電力 6.0kW
電力変換効率 90%
EVP-SS60B-Y7W

EVP-SS60B-Y7W

定格電力 6.0kW
電力変換効率 90%
 

製品・工事・お見積もりなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お問い合わせは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。

お預かりした個人情報は、個人情報保護法に基づき管理しております。お問い合わせの際は「個人情報取扱について」をお読みいただいた上でお気軽にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせフォーム