太陽光発電フェンス。耐用年数25年の対応の太陽光発電フェンス。低価格・強い強度で20年間の発電事業を守ります。

太陽光発電 フェンス

太陽光発電フェンス


太陽光発電フェンス。低価格・強い強度で20年間の発電事業を守ります。

太陽光発電フェンスの設置がとても簡単

長さ100m(高さ1.2m)のフェンスを設置する場合、地域により送料は異なりますが、太陽光発電用のフェンス本体・送料・施工費用を含めおおむね50万円以下で設置ができ、従来のフェンスに比べると約1/2の費用で済みます。さらに、設置が簡単なので、施主様自身で設置される場合は工事費がかかりません。※太陽光発電フェンスの門扉等のオプションは別途お見積りとなります。


太陽光発電フェンス

太陽光発電フェンスの施工が簡単、移設・撤去も簡単

太陽光発電フェンスの支柱を立てる際、従来のコンクリート基礎が必要なく、地面に杭を打ち込む&支柱パイプを被せる、の2つの工程で簡単に支柱が設置できます。フェンスの移設、継ぎ足し、撤去等もらくらく対応でき、特別な技術や工法は必要ありません。基礎を組まなくても十分な強度を確保することが出来るため、簡単に太陽光発電フェンスを設置することが出来るようになっております。


太陽光発電フェンスの施工が簡単、移設・撤去も簡単

太陽光発電用で柔軟性のあるフェンス

傾斜地や急カーブの場所にもらくらく設置可能で、能特別な設計は不要です。イノシシや鹿などの侵入を阻止することが目的の獣害対策として設計されているため、耐久性は一般的なフェンスより優れております。


柔軟性のあるフェンス

フェンスは亜鉛メッキ加工なので丈夫で長持ち

メッキ加工により雨風に強く、屋外環境で約25年間の使用を想定した設計です。屋外設備の周辺、太陽光発電施設、農地の獣害対策などあらゆる場所に設置されています。


フェンスは亜鉛メッキ加工なので丈夫で長持ち

フェンスの高さやオプションを選べます

フェンスの高さは1.2m、1.5m、1.8mの3種類。さらに、ご要望の高さやフェンスの太さなどのオーダーも可能です。また、パネル連結部の補強材や動物の侵入防止材、有刺鉄線などの多彩なオプション製品を、用途に応じてご注文できます。


太陽光発電フェンス

太陽光発電フェンスを導入するメリット

工事中および工事後の盗難防止

太陽光発電設備工事において最も考慮しなければならないのは設備の盗難です。パネルやパワコンは高価で納期もかかる製品ですので、盗まれてしまうと工事が滞ったり、発電ができなかったりという損失が発生してしまいます。また建設工事中は重機や工事用資材、工具といったものを現場においてあることが多いので、それらの盗難防止にも効果的です。100%盗難を防止するものではありませんが、だれでも自由に入れるよりははるかに効果があります。


いたずら防止

フェンスがないとだれでも発電所内に自由に入れてしまいます。興味本位で設備に触ったり、いじったりすることが可能です。また、イノシシなどの動物により太陽光発電所内に入り込むことを防止できます。


安全対策

太陽光発電設備はパネルから発生した熱がケーブルを介して電力会社に売電するものです。そのため電気設備をむやみに触ると感電するおそれがあります。電気関係の方ならご存知とは思いますが、電気の知識がない方がわからずに触ってしまう可能性があります。そういったリスクをフェンスをすることで防止することができます。フェンスによって感電を防止することが完全にできるわけではありませんが、感電防止には効果的です。



太陽光発電フェンス屋外設備

太陽光発電所を守るために

社会貢献や企業PRとして取り組まれることが多かった太陽光発電システムですが、太陽光発電設備などの、屋外に設置する高価な設備も多くなり、周囲の防犯対策やイタズラ対策が必須となってきました。こういった屋外設備周りでは、資材の盗難やイタズラによる機器の破損といった事例も少なくありません。周りにフェンスが設置されていないと、車を乗りつけられて機材を運ばれてしまう危険性もあります。足を踏み入れてほしくない場所であれば、防犯フェンスを設置するなどの対策が必要です。安全に太陽光発電所を運用するために、当社のパネル式区画太陽光発電フェンス「ガードワン」をオススメします。


発電所を維持するために





お問合わせは、TEL:03-5298-2655

㈱ONE TO ONEへのメールでのお問合せは下記フォームをご利用ください。後ほど担当者よりご連絡いたします。