産業用太陽光発電システム

HOME | 産業用太陽光発電システム

Commercial Solar System Merit 
産業用太陽光発電の仕組み・導入メリット

産業用太陽光発電システム

2012年7月より、産業用太陽光発電システムを利用して発電した電力の買い取りを電力会社に義務付ける『固定価格買取制度』がスタートしました。これにより、発電事業者は発電した電力を全て売電することができるため、発電収入を得ることが可能です。遊休地の活用やビルの屋上に太陽光発電設備を設置するなど、様々な形でビジネスを行うことができます 産業用太陽光発電システムには、「系統連系型太陽光発電システム」と「独立型太陽光発電システム」があります。

系統連系型太陽光発電システム

電力会社と発電した電力をやり取りする、最も一般的なシステムです。平成24年度固定価格買取制度がスタートし、10kW以上の太陽光発電システムについては、発電した電力を全て、電力会社に売ることができるようになりました。

独立型太陽光発電システム

電力会社の電力を使用せず、太陽光発電で発電した電力を蓄電池に蓄えることにより、必要なときに電力を供給することができます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

再エネ買取制度は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーによって発電された電気を法令で定められた価格・期間で電力会社等が買い取る制度です。

平成29年度の産業用太陽光発電の買い取り価格は21円(税抜き)。

2016年度までは毎年決められていた買取価格ですが、2017年からは住宅用の太陽光発電において2019年までの3年間の買取予定額があらかじめ提示されるようになっています。2MW以上においては入札制度が導入されるようになります。

 太陽光発電固定買取制度単価の推移

 区分 2017年
(平成29年度)
2018年
(平成30年度)
2018年
(平成30年度)
10kW未満
(※ダブル発電)
出力抑制のない地域
(東京、中部、関西)
28円(25円) 26円(25円) 24円(24円)
出力抑制のある地域
(北陸、中国、沖縄、四国、北海道、東北、九州)
30円(27円) 28円(27円) 26円(26円)
 10kW以上2MW未満 21円 未定 未定
※自家発電設備等(エネファーム、エコウィル、蓄電池、家庭に電気を供給できる電気自動車等)を併設したもの。

産業用太陽光発電システムの買い取り期間は20年と決まっている固定買取制度ですが、「買取期間が終わったらどうなるの?」の疑問があるかと思います。 経済産業省のホームページには、“買取期間が終了したあと売電を続ける場合の買取条件はどうなりますか?A.法に基づく価格の規制が終了しますので、買取期間の終了後又は終了が近づいた時点で発電事業者と電気事業者との合意により買取価格を決めていただくことになります。”
と回答しています。実際の買取単価はまだわかりませんが、新電力会社などと再契約するのではないかと予測されます。先行して固定買取制度を入札制単価に変更したドイツの例では1kWh当たりの売電単価が約10円となっていることから、日本もこの指標を使用し、20年目以降も売電を続行する産業用太陽光発電システムにおいても同等の単価が設定されると考えられます。太陽光パネルの耐用年数30年以上とも言われているので、エコなエネルギーとして活用されていきそうです。システムの導入価格やメンテナンス費用、そして設置する場所や方角によって条件は変わってきますが、通常10年位で投資額が回収でき、メンテナンスをしっかり行えば長期の使用でも安心して使用できます。

産業用太陽光はこんなかたに最適です

工場、倉庫屋根、空き地、遊休地、アパートおよびマンションなど太陽光発電システムを設置して、空きスペースを有効活用!

工場、倉庫の屋根への設置

収益性の確保

産業用太陽光発電の固定価格買取制度の施行により、契約時から20年間安定した収益を確保が期待できます。

減税効果

固定価格買取制度の設備認定を受けていない10kW以上の設備を取得した事業者は、普通償却に加えて取得価額の30%相当の特別償却できます。

室温上昇の防止

太陽光パネルが熱を遮断し、室温の上昇を防止します。それにより、室内の空調費の節約に役立ちます。
 
 

 空き地・遊休地への設置

収益性の確保

産業用太陽光発電の固定価格買取制度の施行により、契約時から20年間安定した収益を確保が期待できます。

土地の有効活用

太陽光発電システムを休耕地に太陽光発電所を建設することにより、収益を生むことが期待できます。

環境貢献

環境保全に取り組むことが、企業のブランドイメージ向上へつながります。災害等には、非常電源システムとして防災対策にもなります。
 

 アパート屋根への設置

安定経営

売電で得た収益を建物の修繕などに充てる事で、入居率の維持、長期的な安定経営へと繋がります。

他の物件との差別化

停電時に予備電源として活用することで、非常時の安心を確保することができ、他物件との差別化を図ることができ入居者へ安心感を与えます。

イメージ向上

太陽光発電を設置すことにより、建物のイメージを向上するだけでなく地域全体の省エネ意識を高めることに繋がります。
 

製品・工事・お見積もりなど、ご不明な点はお気軽にご相談ください

 太陽光発電のご相談・お見積もりは、お電話もしくは下記のフォームをお使いくださいませ。
お問い合わせは、下記項目をご入力の上、無料で相談するボタンを押して下さい。*のついたものは必ずご記入ください。

お預かりした個人情報は、個人情報保護法に基づき管理しております。お問い合わせの際は「個人情報取扱について」をお読みいただいた上でお気軽にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせフォーム