ソーラーシェアリング・産業用太陽光発電・太陽光発電システム架台・スクリュー抗のONE TO ONE ENERGY 

駐車場,架台,ガレージ,ソーラーシェアリング,ソーラーカーポート,
おすすめコーディネート

  太陽光発電に関するよくあるお客様からの質問にお答えします。

<ソーラーステーションkitに関して>


A:太陽光発電システムを構成する主要機器及び周辺機器は、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、屋内分電盤、これらを接続する配線、太陽電池モジュールを設置する架台、及び交流側に設置する電力量計などです。 10kW以上の設置の場合は気温計、日射計も必要になります。

A:モジュールでの発電、直流電力から交流電力への変換、電気製品への分電、電力会社との売電・買電にいたるまで、すべてを自動運転で行います。お客さまの操作は一切不要です。

A:太陽光発電システムを長く安心してお使いいただくために、20年間のメーカー製品保証を行っております。最少許容値に対して10年で10%以上低下した場合、または20年で20%以上低下した場合、太陽モジュールの修理又は交換を行います。

A:モジュールに付着した汚れなどは風雨によって流されるため、手入れの必要はありません。ただし、鳥の排泄物や落ち葉が大量に積もった場合は、取り除く必要があります。安全・快適なシステムの長期使用を可能にするために設置後1年以降も4年に1度の点検をおすすめしております。

A:お客様と電力会社とで契約(系統連系という)を締結することになります。弊社ではお客さまとともに、お申し込みからご契約の成立までサポートさせていただきますので、少ないご負担でお手続きが可能です。

A:現在、3メーカーのソーラーステーション(野立用)の取扱いをしております。メーカーによりパネル枚数は異なりますが、ソーラーパネル10~50kW発電量分、国産パワーコンディショナー1~9台、地面設置用アルミ架台12kW~50kW分、ソーラー発電設備向けソーラー発電盤、ケーブルなどの電材となります。ソーラー発電盤以降で電力会社との引き込みポールや電力量計などは含まれておりません。

A:設置工事を承ることも可能です。弊社では、土地の形状や、規模に応じたお見積をさせていただきますので弊社までお問い合わせください。

A:ソーラーステーションシリーズは10kW以上の設備になるため、補助金を受けることができません。優遇税制などが受けれます。しかし、売電契約期間は20年の固定ですので、補助金を受け取る以上のメリットがあります。

A:所有は可能です。設置場所は、住居以外でおもちの土地に設置することもできます。その土地に、電気契約が無い場合は、電気の受給契約を結ぶことで売電することができます。

A:変換効率は、太陽電池が受けた光エネルギーが電気エネルギーに変換される割合を示したもので、1㎡あたり1000wの光ネルギーをどれだけの電気エネルギーに変換できるかを数値化したものです。


A:太陽電池モジュールの平均寿命は20年以上になっていますが、設置場所や設置条件によって誤差が発生します。

A:kW(キロワット)とは瞬時の発電電力を示す単位です。kWh(キロワットアワー)とは、1時間あたりの発電電力量もしくは、ある時間帯の消費(発電電力)の時間積算値を示します。 例えば、2kWの発電を4時間続けますと、発電電力量は2kW×4h=8kWhとなります。

A:ソーラーステーションは空地や遊休地に設置のため架台等がキットに含まれておりますが、他にも下記のような施設があります。

・マンション
・オフィスビル
・工場/倉庫
・学校
・病院/福祉施設
・店舗/商業施設
・遊休地

・大規模地上設置(メガソーラー)
下記は太陽光発電を設置するのに必要な敷地の目安です。

10kw ・・・ 100㎡
50kw ・・・ 500㎡
100kw ・・・ 1,000㎡

※設置環境により異なります。

A:最適な設置方位は、日射量が最も多い南側をお勧めします。東側や西側の発電量は南側に設置した場合の約85%となりますが発電には充分適しています。 屋根に設置するときの傾斜は、その地点の緯度角(東京では30°~35°)が最適ですが、基本的に屋根の勾配に準じて設置いたします。

A:太陽電池モジュール全面が積雪により日射をさえぎった状態では発電できません。 しかし、太陽電池モジュールに少しでも日が射せば、その蓄熱と、周囲の気温上昇により、雪は溶けやすくなり、発電もしやすくなります。

A:太陽電池モジュール全面が積雪により日射をさえぎった状態では発電できません。 しかし、太陽電池モジュールに少しでも日が射せば、その蓄熱と、周囲の気温上昇により、雪は溶けやすくなり、発電もしやすくなります。

A:建物の影などがモジュールに掛かった場合、発電量は低下しますがゼロにはなりません。 影の部分でも周囲からの散乱光により1/10~1/3程度の発電が可能です。

<産業用太陽光発電システムに関して>


A:太陽光発電システムを構成する主要機器及び周辺機器は、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、屋内分電盤、これらを接続する配線、太陽電池モジュールを設置する架台、及び交流側に設置する電力量計などです。 10kW以上の設置の場合は気温計、日射計も必要になります。

A:モジュールでの発電、直流電力から交流電力への変換、電気製品への分電、電力会社との売電・買電にいたるまで、すべてを自動運転で行います。お客さまの操作は一切不要です。

A:太陽光発電システムを長く安心してお使いいただくために、20年間のメーカー製品保証を行っております。最少許容値に対して10年で10%以上低下した場合、または20年で20%以上低下した場合、太陽モジュールの修理又は交換を行います。

A:モジュールに付着した汚れなどは風雨によって流されるため、手入れの必要はありません。ただし、鳥の排泄物や落ち葉が大量に積もった場合は、取り除く必要があります。安全・快適なシステムの長期使用を可能にするために設置後1年以降も4年に1度の点検をおすすめしております。

A:お客様と電力会社とで契約(系統連系という)を締結することになります。弊社ではお客さまとともに、お申し込みからご契約の成立までサポートさせていただきますので、少ないご負担でお手続きが可能です。

A:10kW以上の設備になるため、補助金を受けることができません。優遇税制などが受けれます。しかし、売電契約期間は20年の固定ですので、補助金を受け取る以上のメリットがあります。

A:変換効率は、太陽電池が受けた光エネルギーが電気エネルギーに変換される割合を示したもので、1㎡あたり1000wの光ネルギーをどれだけの電気エネルギーに変換できるかを数値化したものです。

A:太陽電池モジュールの平均寿命は20年以上になっていますが、設置場所や設置条件によって誤差が発生します。

A:kW(キロワット)とは瞬時の発電電力を示す単位です。kWh(キロワットアワー)とは、1時間あたりの発電電力量もしくは、ある時間帯の消費(発電電力)の時間積算値を示します。 例えば、2kWの発電を4時間続けますと、発電電力量は2kW×4h=8kWhとなります。

A:産業用太陽光発電は10kW以上が設置可能であればシステムを導入する場所は沢山あります。下記のこような施設があります。
・マンション
・オフィスビル
・工場/倉庫
・学校
・病院/福祉施設
・店舗/商業施設
・遊休地
・大規模地上設置(メガソーラー)
下記は太陽光発電を設置するのに必要な敷地の目安です。
10kw ・・・ 100㎡
50kw ・・・ 500㎡
100kw ・・・ 1,000㎡
※設置環境により異なります。

A:最適な設置方位は、日射量が最も多い南側をお勧めします。東側や西側の発電量は南側に設置した場合の約85%となりますが発電には充分適しています。 屋根に設置するときの傾斜は、その地点の緯度角(東京では30°~35°)が最適ですが、基本的に屋根の勾配に準じて設置いたします。


A:太陽電池モジュール全面が積雪により日射をさえぎった状態では発電できません。 しかし、太陽電池モジュールに少しでも日が射せば、その蓄熱と、周囲の気温上昇により、雪は溶けやすくなり、発電もしやすくなります。

A:太陽電池モジュール全面が積雪により日射をさえぎった状態では発電できません。 しかし、太陽電池モジュールに少しでも日が射せば、その蓄熱と、周囲の気温上昇により、雪は溶けやすくなり、発電もしやすくなります。

A:建物の影などがモジュールに掛かった場合、発電量は低下しますがゼロにはなりません。 影の部分でも周囲からの散乱光により1/10~1/3程度の発電が可能です。

A:太陽光発電システムの取り外し、移設、廃棄などを行う場合は、専門技術を要するため、購入された販売店、施工店業者、または総販売元(京セラソーラーコーポレーション)に相談してください。

A:太陽光発電設備設置に対する助成制度が、政府や各自治体において用意されています。

A:太陽電池モジュールからは音は出ませんがパワーコンディショナからは、運転時にわずかな音は出ます。しかし、その音が耳障りになる場合がありますので設置場所にはご注意ください。


<発電の仕組みに関して>

A:変換効率は、太陽電池が受けた光エネルギーが電気エネルギーに変換される割合を示したもので、1㎡あたり1000wの光ネルギーをどれだけの電気エネルギーに変換できるかを数値化したものです。


A:太陽電池モジュールの平均寿命は20年以上になっていますが、設置場所や設置条件によって誤差が発生します。


A:kW(キロワット)とは瞬時の発電電力を示す単位です。kWh(キロワットアワー)とは、1時間あたりの発電電力量もしくは、ある時間帯の消費(発電電力)の時間積算値を示します。 例えば、2kWの発電を4時間続けますと、発電電力量は2kW×4h=8kWhとなります。


産業太陽光発電 東京 お問い合わせ産業太陽光発電 東京 お問い合わせ

太陽光発電ブログ太陽光発電ブログ

産業用太陽光発電システム,パーキングステーション,駐車場,太陽光発電システム,太陽光発電 東京,    産業用太陽光発電システム,パーキングステーション,駐車場,太陽光発電システム,太陽光発電 東京,    

産業用太陽光発電システム,パーキングステーション,駐車場,太陽光発電システム,太陽光発電 東京,    産業用太陽光発電システム,パーキングステーション,駐車場,太陽光発電システム,太陽光発電 東京,    

産業用太陽光発電システム,パーキングステーション,駐車場,太陽光発電システム,太陽光発電 東京,    産業用太陽光発電システム,パーキングステーション,駐車場,太陽光発電システム,太陽光発電 東京,    

太陽光発電所の用地募集太陽光発電所の用地募集

はじめよう、太陽光発電はじめよう、太陽光発電

産業用太陽光発電のメリット産業用太陽光発電のメリット

再生エネルギー対策貸付再生エネルギー対策貸付

生産性向上設備投資促進税制生産性向上設備投資促進税制

保証制度について保証制度について

導入までのながれ導入までのながれ

よくあるご質問よくあるご質問

求人案内求人案内

メディア掲載情報 メディア掲載情報